8月16日(土)決勝ラウンド

~札幌オープンゴルフ2014を振り返って~

まさに北海道の夏!といった青空が広がりる中、プロ50名、アマチュア29名の合計79名が出場しました。


■第10組

谷 昭範
谷 昭範
HAN LEE
HAN LEE
竹谷 佳孝
竹谷 佳孝

■第11組

谷口 徹
谷口 徹
髙松 瑠偉
髙松 瑠偉
甲斐 慎太郎
甲斐 慎太郎

■第12組

藤島 豊和
藤島 豊和
岩田 寛
岩田 寛
山下 和宏
山下 和宏

■第13組

矢野 東
矢野 東
宮本 勝昌
宮本 勝昌
@佐藤 太地
@佐藤 太地

■第14組

高山 忠洋
高山 忠洋
桑原 克典
桑原 克典
藤島 晴雄
藤島 晴雄

■第15組(最終組)

佐藤 えいち
佐藤 えいち
池田 勇太
池田 勇太
梅山 知宏
梅山 知宏

決勝ラウンドの戦いは、インスタートした遠藤正人がハーフ29(-7)のビッグスコアをたたき出しトップに立ち、前半から盛り上がりを見せました。

後続の選手が次々と追い上げ、池田勇太、山下和宏など、何度もトップが入れ替わる見応えのある戦いとなりました。

スコア速報が集まる事務局では、どよめきの連続です。


素晴らしいプレーを見せてくれた選手たちが次々とホールアウト。

優勝争いには届きませんでしたが、宮里兄弟が同組となる珍しい組合せもありました。やはり終始和やかでとても楽しそう、見ているギャラリーも楽しそうでした。


注目の優勝争い、まずは17番18番連続バーディでガッツポーズフィニッシュの矢野東が9アンダーでホールアウトしました。

続いて山下和宏も9アンダーでフィニッシュ、最終組の梅山知宏は決めれば優勝という18番のバーディパットを惜しくも外し、3人が9アンダーでホールアウト、優勝の行方は大会史上初となる3人のプレーオフへと続きます。


残念ながら、後半伸び悩んだ池田勇太でしたが、最後はキャディさんと笑顔でフィニッシュ、大会を大いに盛り上げてくれました。


アマチュアの戦いは、片岡尚之と佐藤太地がともに2アンダーでフィニッシュし、こちらもプレーオフへと続きます。

  大会スポンサー

イーグルグループ
株式会社 正栄プロジェクト
道央アマゴルフ研修会
道央アマゴルフ研修会
カッツクラブ
高橋勝成プロショップカッツクラブ
ゴルフネットワーク
ゴルフネットワーク
ベティナルディ
ベティナルディ
株式会社さがみ屋
株式会社さがみ屋
すみれ札幌
有限会社すみれ屋フーズ
サクライサービス
サクライサービス
株式会社ランドブレイン
株式会社ランドブレイン
株式会社ダイクレ
株式会社ダイクレ