プレーオフ

~札幌オープンゴルフ2014を振り返って~

大会史上初となる3名でのプレーオフが18番ホールで行われました。プレーオフに進出したのは山下・梅山・矢野の3選手です。


1ホール目からバーディを奪いガッツポーズの山下、そして続く矢野もバーディを奪い返すというハイレベルな戦い、最後の梅山は惜しくも外しパーでフィニッシュ。山下・矢野の2名によるプレーオフへと続きます。


残念ながら優勝を逃してしまった梅山プロですが、とても清々しい笑顔でグリーンを後にしました。

 

ここでピン位置を変更し、プレーオフは2ホール目へ突入。


2ホール目はともにパーとし、3ホール目へ。18番のグリーン周りでは多くのギャラリーが(大会関係者もほとんど集合して....)見守っています。


3ホール目もともにパーとし、2度目のピン位置変更を行い、プレーオフは4ホール目へ。互いに一歩も譲りません。


なんとなく楽しそうな両プロです。4ホール目も結果はまたともにパー、戦いは続きます。


プレーオフが始まって約1時間が経過、時刻は夕方4時近くになり日も陰りはじめました。


しかい戦いは熱く、5ホール目もともにパー。3度目のピン位置変更を行い、プレーオフは前年大会と同じく6ホール目に入りました。


先にバーディパットを打ったのは山下、距離はあったもののナイスパットで入るかと思いましたが、残念ながらパー。続く矢野は、バーディパットをきっちり決めて6ホールにおよぶ長い戦いに決着をつけました。


両者一歩も譲らない素晴らしい戦いを見せていただき、ありがとうございました。そして大変お疲れさまでした。2年連続で6ホールのプレーオフに敗れてしまった山下プロ、次回2015年大会もぜひリベンジに戻ってきていただきたいと思います。

 

そして長い長い戦いを制し優勝を手にした矢野プロ、本当におめでとうございました。


  大会スポンサー

イーグルグループ
株式会社 正栄プロジェクト
道央アマゴルフ研修会
道央アマゴルフ研修会
ゴルフネットワーク(番組紹介)
ゴルフネットワーク(番組紹介)
カッツクラブ
高橋勝成プロショップカッツクラブ
株式会社さがみ屋
株式会社さがみ屋
すみれ札幌
有限会社すみれ屋フーズ
老舗あづみ
株式会社安積製茶工場
有限会社宝永企画
有限会社宝永企画
株式会社ランドブレイン
株式会社ランドブレイン
株式会社ダイクレ
株式会社ダイクレ
CML,LLc(企業研修・OAセミナー)
CML,LLc(企業研修・OAセミナー)
医療法人萬田記念病院
医療法人萬田記念病院
環状通東整形外科
環状通東整形外科
HIP COMPANY INC.
HIP COMPANY INC.